9月8日 快晴!!

中央高速から大月ジャンクションで河口湖方面に舵を切る?
トンネルを一つ、いや二つだったっけ?過ぎると左側に大きな姿!
今回は最近に無いくらいスッキリした夏富士の姿が見えました。

空気が澄んでいる!でも乾いている?
不安と気体が混じった思いをただ車は運んでくれる。

少ない!いつもの車を止める駐車場に先客たったの2台。
不安が先行するもここまでくりゃ気持ちが良いから・・・と。
ふと見上げるお山の頂上に傘雲の赤ん坊が!
明らかに頂上を中心に回り始めているのが肉眼ではっきりと!

出始めた傘雲 傘雲

画像を見るとバックの雲に同化してはっきりとしませんが、
それが肉眼の凄いところです。
しっかり用意して300メートルほど写真を撮りながら歩き、
暫くは藪こぎなどもあろうし、カメラをザックに仕舞い、
さて!と、言う所でアレ?魚籠を車に忘れた。

何のことは無い、始めから期待薄がはっきり現れているじゃないですか。
同行の人に待ってもらい駆け足で車に、ところが標高が高い、すぐにゼイゼイ!
最初に体力を使ってしまいました。

カラカラ!カラカラ!富士砂を蹴飛ばせば埃が舞い上がる。
ミイラを通り越したかけらがポツリ、ポツリ!
こりゃー何か有ったら取り敢えずキープしておかないとお土産が?

暫くして見つけたのがアイシメジ、ミネシメジ、いずれもいつもは
ハイさようなら、なのですが今回はありがたく魚籠に、その後もこればかり!
同行者はなーーんにも無いよー!!と言いながら歩いています。

小一時間ほど歩いてやっと疑わしき場所に遭遇、居ました隠れマッチャん。

マツタケ マツタケ

完全に下なので掘り出してパチリ!三脚をセットするのが面倒だったので
ブレブレの画像ですが。

ところが、今回車は他に2台しか見えなかったのにやたらと人に会う。
この場所でこんなにたくさん人に会ったのは初めて。
9月に入りやっと空いてくるのを待っていたかのように。

中にお一人、特大のマッチャンを含め10本余りを見せてくれる人が!
同行者は感激と同じルートを歩いていたと言う事実を突きつけられ
自信喪失気味に。仕方ないじゃん相手はまっちゃんオンリーなんだから。

そこで、取って置きの不思議ワールドへいざなうことに。
300坪余りの或る場所、ここでは他で見れないものが採れる。
今までも、シャカシメジ、本シメジ、ヤマドリタケ、クロカワ、
そしてオオツガタケ、ツガタケとなぜかこのスポットは採れる。

昼食のあと行きました。今回も殆ど見れなかったツガタケが有り、
そこそこ採れたが、全開のようにはいかない。ここのパワーも
お終いかと思った矢先、見事なホウキタケ発見!しかも一メートル
程はなれた所にもう一株。

ツガタケ ツガタケ

ホウキタケ ホウキタケ

最初のを採ったあとに2番目を写しました。最初のは同行者の籠の中へ!

もう少し周りを見てみようと言うことで少し下がるとエッ!!コウタケ?

コウタケ コウタケ

この辺りにはケロウジが多いのですが明らかに違うはずだけど???

そんなこんなで、今回も五目どり、カラカラの最悪の条件化では出来すぎかも!