2009年山歩き

9月1日 富士山

昨年、地元の人に教わったこの場所、シーズンには何回も足を運んで地形や位置を覚えて歩けるようにアドバイスされていました。
単独行でももう数回目、一人だから自分の感と記憶を頼りに林間を歩きます。

なかなか覚えられません。同じような場所が多いのです。高度計を頼りに記憶の有る樹や倒木に目星をつけているのですが、なんとも頼りになりません。(笑)

今回も同じルートを逆から歩きます。やはり今日も林に入ってキノコの姿の少ないのが気になります。これはいりません。

フウセンタケの仲間 フウセンタケの仲間

思いのキノコに出会えぬまま中盤に、やっとツガタケに会えました。でも単発!
暫く離れたところに前回も出会ったシャカシメジが出ていました。この林には出るんですね。

ツガタケ ツガタケ

シャカシメジ シャカシメジ

今回も場所を覚えるために普段は行かないところまで歩いてみました。前回同行の福○さんがなんかいい匂いがすると言っていた所にこのキノコ!てっきりまだ見つけたことの無いコウタケかと思いましたが・・・・・?

コウタケではなくケロウジ? コウタケではなくケロウジ?

林を抜けた日の差す所ではコケモモの実がかなり赤くなりだしていました。こんな景色はここならではのものが有ります。

コケモモ コケモモの実

この場所は諦めて単独行の時には無理しても行く場所へ、他のキノコは見られませんでしたが、オオツガタケのシロには2回目の発生が有りました。
今回のは傘は開いていましたがよい状態のものでした。近くには今年やたらに目に付くベニテングタケが!

オオツガタケ オオツガタケ

ベニテングタケ ベニテングタケ