6月19日 富士の裾野

梅雨の合間、ひょっとしたらと言う期待もこめてスバルライン下へ、なーーんにもありません。

そりゃそうだ!工房の方でもぼちぼち初夏のキノコが出てくるかな?と言う時期だから。

バリケードがある大石林道という所、入った事がないので歩く仕度をして歩き出しました。最初のうちは両側とも赤松と唐松の混成林、暫く登るとウラジロモミの植林地、独特の空気の匂いが漂っています。

上のほうからトラック隊が下りて来ました。工事をやって終わっての撤収のようで大きなユンボなどもトレーラーで下りて来ます。1500メートル付近で昼にもなったので引き返すことに。

林床は明るいのですが下草は余り生えていません。林道を登りつめれば二合目より一寸上までいけるようですが、シーズンの最終の方では何か有るかも知れません。

フタリシズカ フタリシズカ

レンゲツツジ レンゲツツジ

山葡萄 山葡萄