2004年山歩き

4月21日

昨夜からの雨もやみ、青空が広がりだし、久しぶりの山歩き、(しょっちゅう行っていません。)近場ですが、山の中に入った雰囲気のあるところへ行きました。

ワラビや木の芽が摘めるだろうと。出足は鹿の食べ残しであろうシオデがあり、幸先はいいと元気に。タラの芽は、案の定、全て芽はかかれています。

それは諦め、アケビの芽、ワラビ、クサギ、木の芽などを摘みながら上へ、上へと行き、見晴らしのよくなった所で一つ天然のシイタケが、ところがその後、恐ーい山ヒルに出くわし、4人のうち2人が、吸血され、慌てて下山です。

まだ時期は早いと思っていたのが誤算でした。はじめての人にはショックだったようです。

ホウチャクソウ  ホウチャクソウ

しいたけ  しいたけ

山蛭  ヤマヒル